<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
5月30日の囲碁教室
参加人数・・・4人

 今日はホッソオさんとトロロさんと対局です。対局していつも反省はするんですけれども、頭の中でわかってはいても、どのように盤上を組み立てていったら上手く行くのかがちょっと難しいです。囲碁を始めた時だったらこんなに悩まなかったと思いますが、最近は壁に当たっている状態なのできっかけをつかまないと上達はできないような気がします。
 まあそれは伸びている証拠なんだろうと思いますけれども、壁に当たってから半年くらい経つので厳しいなと。僕は囲碁に限らず他のことでもある程度実力が付くとそれ以上は伸びないタイプのようです。
 ですから他の人の棋力が伸びたからといって自分を追い込んでは何も変わりませんし、そもそもゲームなんですから勝敗の結果に一喜一憂したり深く考えたりはしない事にして焦らずにやっていきたいなと思います。何も考えないで自然に打つ囲碁こそが今の僕の実力だなとも思います。いつまでも現状維持ではよくないとは思いますけれども、楽しめればいいんじゃないかなと。。。少しずつ対局を重ねてゆるやかに上昇していきたいものです。

次回は6月6日です

記入者:東奔西走
[PR]
by deafigo | 2008-05-30 23:00 | 囲碁教室日記 | Comments(0)
俯瞰(ふかん)して考える  ホッソオ
 東奔西走さんがビッグブリッジさん(Oさん よりもこっちのほうがいいと思うよ)との熱戦を振り返っての感想を書いていましたが、僕もこの戦いを観戦しておりました。
 5子での戦いだとちょうどお二人のレベルが均衡してきて、見ていてもなかなか面白いです。
 最後のほうで東奔西走さんが大石を取り損ねたり、3つほど小さいのをほっといたのが反目負けとなったと感じておられるとのこと。
 僕が思うには、小さいのをほっておいたのは、東奔西走さんが形勢判断の誤りによる判断ではないでしょうか。とったつもりの白が生き返ったり、取れるはずの石をとり損ねたりと、終盤のほうで猛烈な白の追い上げがありましたね。そこでひょっとしてモチベーションが下がってしまって、「もう敗勢」気分になり、多少投げやりになったのでは、と推測しました。

 勝勢にあるときは、いまどのくらい勝っているのかをある程度計算したほうがいいですね。まあ30目は勝ってるなと思ったら、うっかりして10目くらい損してもまだ逃げ切りをはかれます。なにより動揺しないです。「まだ勝っている」との冷静な計算が、まだ続く戦いを支えてくれます。

・・・とまあえらそうに申し上げてしまいましたが、さてわが身を振り返ってみると、対局当事者になるとなかなか正しい形勢判断ができなくなってしまいます。このブログを書く直前、ネット対局で半目負けを喫しました。形勢判断を間違えて(過大に勝勢と判断した)、ヨセやコウで妥協してしまいました・・・。
[PR]
by deafigo | 2008-05-24 00:41 | Comments(0)
5月16日の囲碁教室
参加人数・・・6人

 1ヶ月ぶりの囲碁教室となりました。僕自身はこの1ヶ月の間は個人的な事情でゴタゴタしていて勉強する余裕も無く、家で碁石を握ったのも2・3日程度でした。
 さて今回もOさん相手に5石のハンデ戦にて。久しぶりということで戦略だとかそういうのはあんまり考えていなかったです。しかし、中盤以降は白熱する戦いになりまして、終盤になるとお互いに長考するようにもなりました。大石を取れるチャンスも何度かあったのですが、わずか1線の違いで失敗したりしました。最後はコミなしで数えると1目差負けでした。取れるはずだった大石を取り逃したのも敗因ですが、1石くらい取られてもいいだろうとそのまま手に付けなかった場所も3ヶ所ほどあったのも敗因です。たった1目されど1目、その価値が本当にあるのかどうかは終わってからわかるものですが、対局中に見極めるのは難しいなと思いました。
 次はNさんと13路盤にて。かつてのライバルだったNさんは僕と同じ頃に始めたのですが、就職してからはあまり打たなくなったみたいです。囲碁に限らず継続が必要なものは一度中断すると取り戻すのが大変ですよね。結果的にはハンデなしと3石置いてのハンデ戦はいずれも中押しでした。容赦ない勝ち方でしたけれども、まあこの方がお互いにスッキリすると思いました笑。今後も忙しくて余裕はないでしょうけれども、また対局できればいいなと思います。
 次回は5月30日です。

記入者:東奔西走
[PR]
by deafigo | 2008-05-16 22:00 | 囲碁教室日記 | Comments(0)