<   2008年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
世界初の快挙!9月23日視覚障害者との囲碁交流会   ホッソオ
東奔西走さんが感想を書いておられますが、僕のほうでも少し。このブログが活動記録として利用しやすくするためにも、記事風にも書いておきます。

★世界初! 聴覚障害者と視覚障害者の囲碁交流会 ★

 9月23日(祝)、大阪市中央区のNPO法人『デフサポートおおさか』にて、デフサポートおおさか聴覚障害者囲碁教室のメンバーと、日本視覚障害者囲碁普及会堺グループのメンバーが一堂に会し、囲碁を通じての交流を深めた。
 ことのはじまりは、視覚障害者囲碁普及会の事務局のMさんと、当囲碁教室の世話人であるホッソオさんがたまたまネットを通じて連絡をとったことからである。普及会を立ち上げた縁の下の力持ち的存在であるMさんからの積極的なアプローチによって、それならばぜひ交流を、ということで今回のイベントの実現につながった。

 参加したのはデフサポートおおさかからは7名プラス手話通訳ボランティア3名。視覚障害者側は手引きボランティアをふくめて12名。これに事務局のMさんと関西棋院の湯川九段。毎日新聞からの取材もあり、なかなか盛況であった。

 対局結果はというと、1回戦はこちらの負け越しで2回戦で少し盛り返したか、という状況。6人対6人だったので、こちらの大将はF本さん(二段)。あちらの大将は五段であるというKさん。五段というのは9路盤における基準によるものだそうで、はたして通常の段とどのくらい違うのか、興味津々であった。
 結果、F本さんは1勝1敗で引き分け。いずれも黒番で勝利だったので、やはり先番有利ということだろうか。

 2回戦はみんな9路盤に目が慣れてきたせいか、少し盛り返し、1回戦よりはましな成績を収めることができた。

・・・全体的な感想としては、
やはり、聴覚障害者と視覚障害者がうまくコミュニケーションをとるためには、現状では手話通訳の手助けが必須であるということ。今回の場合はできれば一つの対局につき、一人通訳を配置すべきであった。通訳の数が少ないと、どうしてもコミュニケーションが最低限の保障にとどまってしまう。「どこそこに打ちました」だけを延々と交わすだけの、無機質なコミュニケーションしかできないということだ。
 たまたまSくんだけは通訳がほとんど彼に張り付いた状態だったので、結構いろいろな脱線コミュニケーションの楽しめたのではないかと思う。
 
 通訳が対局用に全員張り付いてしまったために、対局のない僕と事務局のMさん、プロの湯川九段が手が空いていたにもかかわらず、雑談がほとんどできなかったのが残念である。湯川九段はそのあたりの空気を察してかどうか、指導碁に誘ってくれた。あれでかなり場が持ったように思う。
 しかしながら、今後はもう少し中身のある、人間的交流の深まる場にしていかねばなるまい。
 そのためには、もっとデフサポート囲碁教室の存在を周囲に知らしめる努力をつみあげていなければならないだろう。
 今回の交流会は、わがデフサポート囲碁教室の現時点の「到達点」を照らし出すよいきっかけとなった。この企画の実現に向けて尽力してくださったMさんに大いに感謝するとともに、デフサポートの仲間たちの協力にも心から感謝する。どうもありがとう。

 


 
[PR]
by deafigo | 2008-09-27 00:14 | Comments(0)
視覚障害者との交流戦
 こういう機会なのでいきなり個人的な話から入ります。。。
 聴覚障害者と視覚障害者はコミュニケーションということから考えると一番難しい間柄であると思います。そしてコミュニケーションが取れないがゆえにもっとも接しにくいとも言えると思います。僕自身としては、大学時代のゼミの先生が視覚障害者でした。でも学内の教授数が多くはないので、やむをえない事情もあります。僕の大学は比較的情報保障が整っている、とよく言われますが、そういう先輩方が築き上げてきた制度を大学側がつぶしたばかりの暗黒時代を過ごしたわけですから、保障というのは基本的になくて自分で工夫しなければなりませんでした。そもそも高校卒まで普通校で育った僕には「講義保障」という言葉すら知らなかったです。その結果、議論に対する意見の衝突は声を聞けるほうが上なわけですから、納得するまで議論しあえるはずがなく仲違いしたまま卒業したわけです。そういう事情もあって、実体験上からも聴覚障害と視覚障害同士は分かり合うのは難しいなあと思うわけです。

 さて、今回は通訳の方がいるとは言えども、やはりどのような感じになるのは誰もがイメージができなかったと思います。きっと、全国的に見ても聴覚障害者と視覚障害者が同じ碁盤で向き合うのは日本初なんじゃないかなと思ったりしますが。。。
 碁盤は9路盤にて対局し、碁石はオセロを改良した感じで黒石には同心円の突起が付いていますので判別しやすくなっています。自分の手番でどこに石を置いたのかを教えることによって、頭の中で今がどんな盤面になっているのかを記憶しているそうです。傍からみると見える見えないのハンデはあると思いますが、実はそんなことはなかったです。というのも6人対6人の結果、聴覚障害チームは負け越しました。
 普段は19路盤だから9路盤は久しぶりだった、というのは言い訳になると思います。僕は2勝2敗でしたが、負けた2敗の敗因はいずれも終盤の逆転負けです。10目ほどの地を確保したから生きた、と思ったら、放り込んできて減らされるかあるいは全滅させられるか、になってしまいました。油断していたというのではなくて、もう大丈夫だ、とホッとしているところを、相手があきらめないで放り込んできた形です。あきらめないのは基本中の基本だとは思いますが、見えているがゆえに最後まで気持ちを引き締めることを忘れてしまった感じでした。
 今日はトロロさんとカメ子さんの碁会所の先生も対局していただきましたので、視覚障害者にも触れ合っていただく意味でも良かったのではと思います。障害者と健常者は触れ合う機会が基本的にないので、囲碁を通じて出会ったというのもすごい力だなと思いました。通訳ボランティアの方も普段とは違う通訳方法に若干戸惑ったそうですけれども、反省したとか勉強になったとかプラス面の方が多かったみたいです。
d0149936_1215971.jpg

 今日の交流戦を通じてメンバーがどう感じたかはそれぞれ違うと思います。原点に戻ってやり直すこと、最後まであきらめないこと、そして油断しないことなどなど。19路盤と9路盤、聴覚障害者と視覚障害者、違いはいろいろあるけれども、盤面上のルールは同じ条件なのですから、今日の経験をもとにレベルアップを目指したいものです。

記入者:東奔西走
[PR]
by deafigo | 2008-09-23 18:00 | 交流戦 | Comments(0)
初めての人へはどう教えるか
 先日に僕の個人的なグループで旅行に行きました。その際にマグネット式の13路盤も持っていきました。対局相手は春先に1度だけ来たYさんです。あれからあんまりしていないのですが、有無を言わさずにハンデもなしにやってみました。結果は僕の勝ちですけれども、筋はまだ良いほうだと思います。もっと打てば確実に強くなるでしょうけれども残念ですね。
 さて、もうひとりの後輩にもYさん相手に打たせてみました。後輩ははるか昔にやってみたことがあるけれども完全に忘れているとのこと。なので僕は2つだけ言いました。
1、相手の石を囲んだら取れる
2、最終的に自分の地が相手よりも広かった勝ち
 これだけです。本当は2目を作ったら大丈夫だとか、コウだとか、シチョウだとかあるんですけれども、初心者に対してはこういう難しい言葉の羅列は無理だと思います。
 対局の結果は当然ながらYさんの勝ちですけれども、後輩も石を取れたりしましたので、理解をしているかどうかはともかく囲碁としてはきちんと成り立っていました。
 思い返せばホッソオさんに初めて囲碁を教えてもらったときは、石を取ることだけを最初に教えてもらいました。そして囲碁教室に通い始めては、N津さんやビッグブリッジさん相手に9路盤を4子の置き碁から始まったと思います。お二人とも最終的には全部の石を取ることを目的にしていましたので、僕はとりあえず2目を作って守ることを考え、それができるようになると自分の地を広げることを考え始め、最後には攻撃するようになったと思います。
 コウだとかシチョウも大事ですけれども、まずは自分の地をいかに守って広げては攻撃できるかを理解させることのほうが大事かなと思いました。

記入者:東奔西走
[PR]
by deafigo | 2008-09-21 16:30 | 雑談 | Comments(0)
9月19日の囲碁教室
参加人数・・・6人

 今日はビッグブリッジさんと4子局にて。序盤は囲い込んだりしつつ、辺の19×3をほぼ手にしていましたので余裕を持っていました。50目ほど取ったのだから、強気で攻めていきました。切ることが出来ず、大石が確保できなくてもまだ50目もあるんだからとそれでも余裕でした。しかし、中盤以降に取れなかった大石から広がる感じでジワジワと広げられていくことになります。しかしやはりそれでもまだまだ大丈夫だと思っていました。そして終盤が近づくとヨセ勝負になり、ここにコウが加わると駆け引きがはじまりますので余裕はなくなり、それまでの即打ちから長考になりました。
 ここでホッソオさんの一言「本当に強い人は終盤のヨセも強い」
 例えば詰め碁の形で10目ほど生きていたはずなのに、いつの間にか5目に減っていたりします。19×3を確保したはずも、整地するとたった20目にも減っていました。ヨセ勝負の中で数石は取りましたが、ビッグブリッジさんはそれを上回る収穫を得たということでしょう。その証拠に、取られた石は1石や2石とかの積み重ねて15石ほどありました。
 最終的には40目ほどの負けでした。僕自身はいい感じだったと思っていましたので、40目も差がついていたことに驚きました。
 終盤のヨセだとかコウは本を読んだだけでは理解しがたく、実戦を何回か重ねて感覚をつかむ必要があるかなと思います。
 負けはしたものの、序盤はよかったですし、中押し負けではないので上出来だったと思います。ただ、少しずつとは言えども石が取られすぎては、大石を取られたのと同じですので、捨て石のつもり以外は生かさせなければならないなと思いました。

次回は10月3日ですが、9月23日は視覚障害者の囲碁協会との交流戦です。

記入者:東奔西走
[PR]
by deafigo | 2008-09-19 22:00 | 囲碁教室日記 | Comments(0)
カメ子さん トロロさん N津さん ご健闘お疲れ様です ホッソオ
 大会に出場されたみなさん、お疲れ様でした。

 カメ子さんについては、日曜日の朝刊の大阪版に「女流大会優勝者」として紹介してあったのを見つけてさっそくお祝いのメールをしたところでした。
 昨年はF級で優勝して、今年はE級優勝なんですね。

 N津さんは3勝1敗で、黒星は3級の人に対してとのこと。1級ばかりを相手に3勝したらなかなか強いんではないですか。たぶんN津さんは、置石なしの碁なら強いのに、置かせると弱くなるというタイプだと思います。置き碁だと、白にとっては息の長い試合になりますから、意外に辛抱が必要ですわ。

 トロロさんは大会ではかなり勝率いいですよね。読売の認定大会も4回で最初の1回が4-0、あとはすべて3-1 でしたかね。つまり13勝3敗 勝率8割以上という驚異的な成績。ちなみに現在プロ棋士で現在急成長中の井山裕太八段は平成17年に年間勝率トップ賞を受賞していますが、その成績が40勝13敗(.755)。
 7割以上の勝率を維持できれば成長しているってことになるんでしょうか。

 みなさんの自戦記を読むのはなかなか面白いですねえ。戦いの心理模様をうまく書いていらっしゃると思います。
 できれば、ゆくゆくは実際の棋譜の写真を載せて、このあたりで攻めるか守りに転じるか大いに迷いました、とか書いておけば、みんなからいやいやここは戦いの手をゆるめちゃいかん、とか意見をもらえたりして面白いかもしれません。
 ただ、対局中にパチリとやるのはちょっと気が引けますねえ。こちらが負けているときに撮るのはともかく、勝っている時に撮ったら、「こいつ、余裕風ふかせやがって」などと不快感を与えることになるかも。
 一番いいのは、対局をしっかり覚えておいて、家で並べなおしてそれを撮ることです。ま、それができれば苦労しないんですが。

 お互い切磋琢磨していきましょう!
 そうそう、10月は僕も行きます。日本棋院も行ってみたいですね。トロロさんまた案内してくださいね。
[PR]
by deafigo | 2008-09-09 22:38 | Comments(0)
9月5日の囲碁教室
参加人数・・・9人

 この日はカメ子さんと4子にて打ちました。前回の囲碁後にカメ子さんの打ち方が、同じところばかりではなくてあちこちに打ちまわす方法に変わって驚いたと聞いていました。さてどうなんだろうと思いつつ・・・
 4子局というのは四隅の星に黒が置かれています。隅の重要性はオセロほどではないですが、やはり最少手数で大きく陣地を作れるということで誰もが重要視すると思います。そして星と星とをつないで辺も占領していくと有利になっていくでしょう。逆に言えば白番は攻め遅れると取り返しのつかないことになるので、攻めつつ守りつつどちらもタイミングを見計らう必要があると思います。それでも攻め遅れた場合は、僕は大石を取ることに作戦を変更していきます。なぜならば少しの陣地を占領しても隅や辺の敵陣地の広さにはかないません。そういうことで、今回はそういう方法を実行しました。ただし、左下の7子が死んだとわかってすぐに頭を切り替えた結果です。
 写真はほぼ終局に近づいた場面です。
d0149936_21495637.jpg

 右上はほぼ白の陣地にしました。対局時間は1時間30分かかりましたが、1時間前から少しずつ攻めていった形です。終わってからカメ子さんは気づいたら囲まれていたとおっしゃっていましたが、気づかれないように少しずつ囲んでいったわけです。その代わりに僕も右上を大事にするあまり、左下17子を凡ミスで失うことになります。しかも、2回囲まれてのミスでした。結果としてはコミなしで考えて10目ほどの差で勝ちでしたが、もう少しいい感じで勝てたのではと思いました。
 そしてもう一点。右下の部分は「セキ」になっていました。でも、僕はセキという言葉と基本形はなんとなく覚えていても、実戦になるとほとんど区別がつかなく、結局は相手に生かさせるような感じになってしまいます。ここでは4目ですがあんまり変わらないような気がしますが、1目を争うような局面になった場合はきっと後悔しそうな気がします・・・それにセキだと気づかずにずっと同じところを攻めている間に、左の第1線が繋がれてしまいましたので6目傷つけられたことにもなりました。。。
 さてカメ子さんとの対局では確かにあちこちと打ちまわしていたような気がします。でも僕との対局で応戦したところはほとんどありませんでした。つまり打ちまわしは効果がなかったような気がします。それどころか効果がなかったので右上をじわじわと囲んでいく余裕すらありました。以前に比べると無駄な打ち方は減っていると思いますが、思い切って相手の懐に打ち込む度胸があれば少しは違った結果だったのではと思います。

次回は9月19日です

記入者:東奔西走
[PR]
by deafigo | 2008-09-09 22:00 | 囲碁教室日記 | Comments(2)
女流戦のこと
こんにちは。M女史と呼ばれるものです。
こちらに書き込むとなれば、ハンドルネームが必要。で、昨日それで悩んで書き込めませんでした。考えた名前が、カメ子です。これからは、カメ子さんとよんでくださいね。
意味はもちろん、囲碁の歩みがノロいと言うこと。でも、そうそうゆっくり歩いてもいられないので、最近は早足のカメを目指しています。

9月6日、関西棋院主催の女流戦に参加しました。参加クラスは、下から2番目のEグループ。10級から19級までの集まりです。

今回のお相手は、一局目も二局目も長考派の方で、80分ギリギリかかりました。二局目などは高校生の子が相手だったのですが、とにかく一手ごとに2分~5分かける人で、80分の時間が過ぎて審判による判定勝ちという結果でした。まぁ、私もよく迷って相手を待たせるので、何も言わず我慢して待っていましたが、最後は早く打ってもらわないと、私が打ちたいところに打てなくて、判定負けになってしまうかもという状況でしたので、さすがにあの長さには参りました。

3局目は決勝。お相手は、16級で申請している人でしたが、とても力強い碁でした。途中から見に来ていたN先生も10級以上はあると言ってらっしゃいました。この碁もはじめよかったのですが、どんどん入られヨセられ、完璧負けたと思っていました。N先生によると、あと3ヶ所のヨセで、一番小さい手を打ったため6目の損をし、結果は盤面6目負けでしたが、コミ掛かりの半目勝ちでした。

思えば、去年の9月にはじめて出た大会がこの女流戦。その後、大会という大会に出て、今回で10回ぐらい出たかもしれません。人には、大会オタクと呼ばれていますが。

私、あまり勝負士じゃないんですよね。勝負事、全然好きじゃない。だから、無理やり大会にでも出ないと、一日4局も5局も打てないのです。だから、これからも自分に鞭うって、がんばって大会でま~す。年内5級と志は低いですが、皆さんも私と一緒に大会オタクになってみてはいかがですか。

カメ子
[PR]
by deafigo | 2008-09-08 21:54 | 大会 | Comments(0)
9/7読売段級位認定囲碁大会 トロロ
 こんにちは、トロロです。また大会参加してきました。今回はデフ囲碁からは結局N津氏、トロロの2人だけ。あとはトロロの行っている昭和町の教室から、トロロのライバルのH氏が来られました。N津氏は1級、トロロとH氏は3級申請です。

 まずトロロの1局目は5級申請の方と2子局の白。これは問題なく中押し勝ちな感じだったのですが、ここで調子に乗ってしまったのか、油断したのか、2局目に1級申請の方とあたって2子局の黒、油断したわけではないのですけど気がつくと負けそうな状態に…。何とか敵の陣地でコウの状態に持ち込み、勝てば10目位は得しそう、という状態にしたのですが、結局コウザイがきれて逆に大石を取られそうになったのであきらめ、最終的には13目差で負けました…。
うーん、布石で誤ったか、いや、ヨセが悪かったか、とか考えつつ、意気消沈。3級申請は早かったかな、とも思って最近勝ちが多くて伸びていた鼻にひびが入りました。

 で、午後はなんとか鼻が折れてしまわないように気を取り直して対局。3局目は8級の方と4子置きの白、これも問題なく勝ちという感じでした。楽しかったのが4局目の同じ3級申請の方との対局。握りで確か白を持って対局でした。後半までほぼ互角か微妙に勝てているかも、という感じの状態で、でも不安なのでまたしても敵の陣地に残っていた白石を利用して生きられるかもしれないコウの状態をなんとか作り…。
 後から良く考えると、単にコウになっているだけでどう見ても生きられない状態だったのですが近くに生きた白石があったせいか、相手もコウ合戦に応じてくれて、でもまた結局コウザイがなくなってしまい…。そこでコウダテのふりをしてコウになっているところの反対側から逃げ、見事生きている石につなげることができ、多分20目ほどの得、最終的には30目差くらいの勝ちでした。コウって覚えると楽しいですね…。
 とりあえず2局目での敗戦とはいえ、なんとか3勝1敗ですみ、ちょっと一安心、といった感じです。

 さて、面白かったのはN津氏とH氏の対局でした。二人とも3勝していて、次勝ったほうが免状取得、という状態。見たのは途中からだったのですが、そのときはH氏がおそらく優勢だろう、という状況でした。それがH氏の見逃しなのか、N津氏の好手で大逆転、H氏の大石が死んでしまい、N津氏は傍から見ていても大喜びしていて、トロロもこれでN津氏の勝ちか、と思ったのですが…。

 今度はH氏がN津氏の懐に飛び込み、多分N津氏はこれが切れていると見ていたようなのですが、よく見ると生きている石とつながっていて…。N津氏は2目作れず、大石をとられてしまい大逆転、最終的にはH氏の勝ちでした。正直トロロとしてはどちらが取ってもうれしい反面悔しくもあり複雑な心境だったのですが、対局を見ているのが面白くて、終わるころには素直におめでとうと思えました。
 というわけでN津氏もトロロも3勝1敗でした。

 それにしてもやっぱり大会出るのは楽しいです。トロロはもう4回目で顔見知りもでき、今日はお昼はコンビニで買って軽く済ませるつもりが1級の方に(半分無理に)ラーメン屋に引っ張っていただき、ご馳走になりました(ありがとうございます、美味しかったです)。まぁ筆談なので戸惑うこともあるけど、全然話したことない人でも、一度打てば強いね、って言ってもらえたり、まぁそういう些細な会話もうれしいですし…。

 ちなみにその後、時間があったのでトロロはN津氏と2子局の黒で対局。たまたま直前に勉強していたシチョウと同じ状況が出現したりして、見事中押し勝ちでした。でもN津氏も4局後で、特に4局目はものすごかったので、その疲れもあって、ちょっと気楽に打っていたみたい。ぜひ次は疲れてないときに打ちましょう。>N津氏

 さらにその後、H氏の提案で、N津氏と3人で日本棋院関西総本部を見てきました。受付のところに売り物の本とか扇子とかが置いてあったのですが驚いたことに視覚障害者用のあの9地盤もおいてありました。さらに驚いたことに、ここでも段級位認定大会やっていて、こちらは級は参加費2700円と読売より200円高いのですが、代わりに3勝1敗でも無料で免状がもらえるらしいです(段位は4段までは4戦4勝、5段からは5戦5勝らしいです)。ただしホッソオさんの行かれた近鉄の大会と同じく、無料の代わり棋院会員なるのが条件らしいです。会員になると年会費が要るけど代わりに毎月本が届くので良いかも。なにより3勝1敗で無料というのが魅力…。

 さらにそれから3人で喫茶店でなんか囲碁の話ばかりしてました。H氏が次の2月で初段が目標、と言っておられ、つられてN津氏とトロロも2月に初段取ろう、と話してました。まぁトロロ自身はほんとに取れるか??とか思いつつ、でもライバルのH氏が目指すからには自分も目指さねばと…。あとは自分の棋風を持ちたい、という話とか、N津氏とH氏の対局で、あそこはカケ目だった、とか云々。話も楽しかったですし、そういう話ができるところまで力がついてきたのだなと思うとそれもうれしかったりします。
 で、なんか楽しくて、つい長話してしまい、トロロは見に行く予定だった7時過ぎからの映画を見逃すことに…。結局9時過ぎのを見に行くことにしたのですが、待ち時間が暇なので本屋により、詰め碁の本を衝動買いしました。勉強します…。

 と、いうような感じでした。毎月行くのはどうか、とは思っていたけれど、10月も行きたくなってきました…。次はせめて最初の3戦は3勝したいし…。ぶつかるかもしれないけど10月参加してもいいですか?笑>ビッグブリッジさん、東奔西走さん
[PR]
by deafigo | 2008-09-08 04:51 | 大会 | Comments(2)