<   2009年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
例会報告その他 とろろ
こんばんは。最近投稿がなくて寂しいので例会報告を兼ねて…。

●5月1日例会
 参加:10人くらい?
 この日はビッグブリッジ氏が日本棋院の大会に参加される直前の例会でした。なので、ぜひビッグブリッジ氏と打ちたいな、と思っていたら、来たときちょうどビッグブリッジ氏が他の方と打ち終わったばかりで、早速対局を。この時点でビッグブリッジ氏とは3勝2敗、このまま勝ち越したいな、とがんばったのですが…。
 最初の2局ではどちらも最後の最後で、大丈夫だと思っていたところを切られて大石を取られる羽目になって中押し負け…。このまま終わるのは悔しいので、早碁でお願いしてなんとか一勝。というわけで互先で打つようになってからの戦績4勝4敗。昭和町の方でも互先で打つ方があまりいないので、ビッグブリッジ氏との対局は楽しいです。もちろん他の人とも打ちたいので、もっと時間があればなぁという感じですが…。

 他は、なんとなくですがそれぞれ強い人は強い人で、まだ始めたばかりの人は始めたばかりの人で、わりとそれぞれライバルとか目標の相手とか見つけて打てている人が増えているのではないかと思います。(気のせい?というか希望?)追いかけられるのは焦るけど、追いかけるのは楽しいし、追いついたらなお楽しいので、まぁ皆さんがんばりましょう。

●5月15日例会
 参加:6人?
 僕は仕事の都合で毎回遅れてしまうのですが、部屋に入ってたくさんの人が打っているのを見ると、なんだか嬉しくなったりします。「おぉ、皆打ってるぞ!」みたいな。
 が、今日は隣でナイトカフェもあって?、久々に経験者ばかりの例会になりました。なんというか、もっと自発的に誘ったりしないと、と思いつつ、なんか無理に誘ったら悪いかな、と思ったりもして。
 次回はまたたくさん来ているといいなぁ…。(←って、だったら呼びかけないと、って感じですね…)

 さてこの日の対局で面白かったのが一つ。対局もほぼ終盤、どうも下辺で生きている相手の黒の形に弱点があるように感じて、でもその弱点のつき方がわからず、もしかしたら別に大丈夫な形かもしれないし…と思いながら、長考するのも悪いので、とりあえずはダメをつめていったのですが…。やはり何かできそうだ、と思ってとりあえず打ち込んでみました。で、打ち込んだあとの形を見て、最初はやっぱりだめだ…と思っていたのですが…。

 よく見ると、これがセキかコウになることが判明(その後セキになりました)。いや、もうなんというか最近、何かありそうだ、と思ったところに本当に何かがあったり、何かやばそうだ、と思ったところをほうっておいたら本当にやばいことになってしまったり、ということが結構多くて、自分もちょっとは強くなってきたのかな、と思えたりします。

 なんて書くと自慢話みたいになってしまいますけど、反面、強い人と打ってぼろぼろに負けることも多くて、そういうときとかは、自分全然強くなってないな、と思ったりもします。この間なんて130目近い差の負け方をして、さすがにこのときはもう笑うしかありませんでした。

 まぁでもこんなふうに、囲碁ってどんなに強くなっても、上には上がいる、という状態が続くので、つまりいつまでも目標を持てるわけで、そういう意味でも良い趣味ですよね。どうしても勝てないスランプになったときとかはやめたくなったりもするけど、それでも続けてしまって、なんというか、やめたくなるくらい楽しい、という感じ?

●24日の日曜例会
 が中止になったのは残念でした。が、まぁたまたまこの日は僕も仕事でてんぱっていたので、もし例会があってもあまり集中できなかっただろうというか、あまり楽しめなかったかも…。代わりに6月7日に例会の可能性があるみたいなのですが、参加数どうなんでしょうか?是非できるとよいなぁ。

●足付き五寸の碁盤
 をとうとう買いました。合成木材の安い物で、へそがないのですが、まぁ買いやすかったので…。これを2階用、前にいただいた折りたたみ碁盤を1階用で使い分けようかなと思ったり…。
 このところ仕事がかなり忙しかったのでまだ2,3回しか触ってないのですが、なんか足つきの碁盤って眺めるだけでもなんか良いなぁって思ったりしますよね。このまま眺めるだけで終わらないようにしないと…。

●本
 がまだ増え続けています。最近読んだ中では、江崎誠致の囲碁放浪記、その続編の賭碁放浪記、というのが面白かったです。文章だけじゃなくて時々棋譜が出てくるのが楽しいです。これドラマ化か映画化すれば絶対見るのに…。

●マンガ
 をまた一つ追加しました。一つの説明に絶対に四コマを入れる、という誓約のせいで、なんか思ったより大変になってきました。まぁそのおかげで多分他とは違うのが描けているとは思うのですが…。

ではまた長くなったのでこの辺で…。
[PR]
by deafigo | 2009-05-30 23:51 | 雑談 | Comments(0)
関西総本部段級位認定大会   big bridge
5/3日(日)梅田の日本棋院関西総本部段級位認定大会へ始めて参加しました。当教室からは私だけの参加で、思い切って初段にチャレンジしてみました。まずは経験と思って、1勝を目標に参加。GWの影響でいつもより少ないようで、全部で30人近くの参加。この認定大会は、初段~4段、級位と5・6段の2つの大会に分かれています。
従って、初段~4段で30人近くですから、まずまずの参加数だと思います。
私の結果ですが、2勝2敗で私としてはまずまずの戦績と思っています。
①初段の男性と互先の黒で、2目半の負け…序盤から碁盤半分でねじりあいの攻めぎ合いで、私が10目あまり白石を取り込んで有利に終わりましたが、この10目あまりの取り込みの時に2目ほどにこだわったため、攻めぎ合いの途中で気にかかっていた、すそあきの1団に先着できず、これを攻められ生きるのが精一杯。そのため、この1団の周囲を地にされ押し切られた感じです。敗因もよくわかっていますので悔いのない結果でした。また機会あれば、このポイントをまた紹介したいと思います。
②初段の女性と互先の白で、20目あまりの勝ち…相手黒の3連星の内側の3線に侵入が成功して、中盤で勝ちを意識できて楽勝でした。
③2段の男性と先の黒で、15目ほどの負け…完敗です。序盤から2箇所で地を盛り上げられて、中盤で負けを覚悟しましたが、できるだけ寄せをがんばってみようと思いながらのこの結果です。特に石を取られたとか、絞られたとかなかったのですが…。いつも感じているのですが、打ち込みと消しのタイミングあるいは打ち込みで行くか消しで行くかの判断、このあたりが私のネックです。打ち方がおとなしすぎるというか大事をとりすぎるのかも(?)、これまでの人生と同じようで(苦笑)。2段目標といえばN村さんU田さんと2目でやれる人ですから、やはり違います。打ちたいと思うところに先着されることがしばしばでした。先手をとるという戦略も身につける必要を感じました。
④初段の男性と互先の黒で、50目ほどの勝ち…なぜか終局まで打ちましたが、私は100目を越える地で大勝でした。相手は4隅と中央を帯状に数目ほど確保しただけで、中央を大きくまとめて序盤で勝ちがわかりました。厳しい攻めはなく定石どおりに打つので、また私の手についてくるので、ちょっとつまらないほどでした。東奔西走さんのほうが、まだ厳しい!
以上です。
小学生が2人(6年生ぐらいと、私の孫の2年生ぐらい)、老婦人2人(1人は3or4段挑戦のよう)、年若い女性はいなかったが、老若男女が楽しんでいます。
パンフで紹介がありました。「毎日・佐川急便段級位認定大会」 7/12日(日)10時より 関西総本部ホールにて 級位から6段までありますから大勢の参加と思います。 なお、参加料は級位:2700円、初~2段:4800円、3~4段:5300円 です。
次回の教室でパンフを紹介しますので希望者はどうぞ申し出てください。
[PR]
by deafigo | 2009-05-05 11:15 | Comments(1)
また雑談 とろろ
こんばんは、とろろです。マンガ2つ描きましたので、またついでに、どうでもいいようなのばかりですけど雑談を…。

●コウのルール
 を漫画で書いてみました。コウって今ならまぁ分かるのですが、始めた頃ってほんとややこしかったですよね…。で、描いてて思い出したのですが…。

 僕がコウをなんとなく理解できたのは、教えてもらったからではなく、ある碁会所でコウ合戦を見たのがきっかけでした。
 あれは確か、まだ囲碁を始めて1年くらいの頃かな…天気が良かったので、なんとなく天王寺の動物園に一人で写真を撮りに行き、その帰り道、ふと道端に碁会所を見かけたのでした。
 その碁会所は窓が大きく、対局の様子を外から見ている人が何人かいました。そこで僕も、なんとなく窓の外から他の知らない人と一緒に見てみたのです。年配の方が多かったので、そこに若い(といってももう3●ですが…)のが混ざっているのも何かかっこいいかも、とちょっと思ったりしつつ…。
  さて、一番手前の対局を見ていると、当時の僕からすると、なんか変な手が多かったのでした。明らかに取れない石をわざわざアタリにしたりすぐに自分の石がアタリになるところにわざわざ打ったり…。
 何のためにそんなことをしているのか分からず不思議に思ったまま見ていて、しばらくしてようやく、コウを取り合っているのだ、と分かったのでした。「なるほど!」と理解できたのが嬉しく、その日は下手な写真以上の収穫があったのでした。

 ちなみにその数日後の対局で、ヨセの段階に半目コウ?がでてきたので、早速理解したとおりにコウダテを打ってコウ取り返して…、というのをやってみました。勝ったかどうかは忘れたけど、こういうことができたのが楽しかったなぁ。

 囲碁に限ったことではないですけど、何かのきっかけで出来ることや分かることが増えたりすると、急に楽しくなってきたりします。というわけで、まだ初めての皆様、ちょっとくらい難しくても、やめずに続けてみましょう!(と囲碁の楽しさをアピールしてみました)

●自作扇子
 を作ってみました。苦労話は漫画にしてみたのでそちらで…。出来が微妙なので恥ずかしいですけど、なんとなく自慢したい気持ちなので写真を…。

 表
d0149936_0315598.jpg

 囲碁十訣の文字をちりばめてみました。その中でも特に自分にとって大事そうな言葉を大きく…
 「慎勿軽速」は、早打ちせず落ち着いて打て、というような意味ですね、何か文字を載せたいな、何かないかな…と探していて見つけ、ああこれだ、絶対これだ!と思って描きました。
 二番目に大きく書いた「攻彼顧我」は攻める前に自分の弱い石見直せ、というような意味で、これはなんとなく…。

 裏
d0149936_0323342.jpg

 こちらは絵をメインにしようと思って、何かいいのないかな…と探していて、「鬼の碁打ち」という絵を見つけ、それの真似で描いてみました。
 さらにスペースが空くので文字も入れようかな、と思って…絵の雰囲気に合う文字を探していて、これを思いつきました。まぁちょっと意味違う気はしますけど、なんか鬼とか出てくるのって幽とか深奥とか合いそう…。

●最近の対局
 で、いい感じの対局だったのに最後の最後でダメ詰まりのあと放り込まれて、そこで切られてそこから大石とられてしまう、という失敗を金曜のビッグブリッジ氏との対局だけでなく、昭和町でも何度かやってしまいました…。うーん、なんか終盤で気が抜けてしまっているのでしょうか…。
 あと最近、なんか自分がおかしな打ち方しているような気がします。それで相手が対応に困った上に打つのが早いのでつられて早く打ってしまい、その辺が最近の勝ちの原因かも、と…(つまり実際の実力で勝ってない)。うーん、気のせいなら良いのだけど…。 

 そういえばちょっと前の昭和町での対局で、実利の相手と模様の僕、というような状況になり、結構大きく貼った模様の中に相手が入ってきて、これ取れなかったら負けだ、というような状態になりました。
 結構自分の強いところなので大丈夫だと思っていたら…なんか相手の石が取れそうで取れず、外に逃げられそうになったりそれを抑えたりしているうちに、盤面の4分の1ほどの大石が攻め合いになりました。もう一手打つのもすごく緊張するし、想像しなかった手がきて考え込んだりするし…。
 結果攻め合いはぎりぎりの一手勝ちでした。もうすごく怖かった…。対局中はなかったのに、対局終わったあと急に心臓ばくばくするし、手は震えるしでちょっとびっくりしたけど楽しかったです。

●打ち方に性格が表れる
 という話をよく聞くのですが、改めて考えてみると、なんか自分の仕事の仕方と対局の仕方が結構似ているような気がしました。
 何というか僕、仕事わりと早いほうなのです。ただその分見逃しているところが多いんですね…。提出する前にもっとよく見直しておけば指摘されなかったのに、というようなことがしばしば…。
 囲碁でも打つのが早い代わりに、打ったあと間違いに気づいたりとかすることが多く…。
 自慢でもなんでもないので、直さなければ…。

●棋書中毒
 ではないかと疑うくらい、その後も順調に本が増えています。前回で懲りたはずなのに、また7冊ほど増えてしまいました。もう何というか、「驚くほど強くなる…」と書いてあったら買わねば、とメモし、「発想が変わる…」と書いてあったらネットで注文し、という感じ…。
 そんなふうに買って読んだ本の中には、「何冊も買うより一冊を熟読すべし」と書いてあってグサッと来たり…。
 せっかく増えているので、もし、こういうのが読みたい、というのがあれば言ってください。合いそうなのがあれば持って行きますので…。

ではまた長くなりましたのでこの辺で…。日曜日大会参加される方がんばってください!結果のブログ楽しみにしてますー。
[PR]
by deafigo | 2009-05-03 00:35 | 雑談 | Comments(0)