<   2009年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
雑談 とろろ
こんばんは。
マンガまた一つ描いたので、ついでに雑談を…。

●マンガ
 今回は「石の死」について書いてみました。うーん、分かりやすく書いているつもりなのですが、ほんとに分かりやすいのかどうか分からない…。というか分かりにくいような気も。間違えてはいないと思うのですが…。何かあればご指摘よろしくお願いします。
 ちなみに最後の4コマの盤面は自分で考えてみました。1手で決まるものすごく簡単なものだけど、この形だと不自然かな、とか、これだとちょっと簡単すぎるかな、とかいろいろ考えて楽しかったです。(というか、これ黒死なのですが、あってますよね?)

●マンガその2
 こちらは僕のではなく…。なんか、「KISS+」という隔月刊の女性マンガ雑誌?に「いしのおと」という囲碁を題材にしたマンガの連載?が始まったらしいです。まだ本屋とかで見かけたことも無く、まぁもし見かけたとしても、女性誌だし、とかもう●●歳だし、とかで手に取る勇気があるかどうか分からないのですが、ネットで調べた限りではかなり面白そうでした。もし発見されたら、ぜひ見てみてください…。

●テレビ
 で、この間、初めてまともに、日曜昼のNHK囲碁杯を見ました。が、やっぱり字幕ほしいですね…。見たときのは王メイエン九段?の解説が面白そうだったのですが…。ちなみにこの人の本は文章が対話形式のが多くてわりと楽しく読めるので、ついつい見かけると買ってしまったりするのですが、この人の「ゾーンプレスパーク」というのはなんか分かりづらかったです…。
 ところで、この囲碁杯の対局で、なんか回数を書いた札が2つ置いてあって、何かのタイミングで減っていくみたいなのですが、これって何の回数なのでしょうか?分かる方いたら教えてください…。ネットで調べたらわかるかなぁ…。

というわけでこの辺で…。
[PR]
by deafigo | 2009-08-19 01:48 | 雑談 | Comments(0)
例会報告その他 とろろ
●例会報告
 ちゃんとした例会報告がなかったので記録のつもりで一応…。一応例会の後に書いているのをまとめて載せるので、なんか落ち込んだり喜んだりしてますが…。というか、ほとんど自分の結果ばかりですみません。他の人の対局結果聞いてないし、聞いてても載せていいのか分からないし、自分の結果以外に何書けばいいのか分からない…。

・7月3日 約5名?
 この日は二日後に日曜例会があるということで参加者の少ない日でした。前に書いたとおりこの日の僕はホッソオ氏に3子局で2連敗。がんばらなければ…と口で言うのは簡単ですが…。
 このところ終わったあと飲みに行くことが減っていて、この日はオタQ氏と食べて帰りました。オタQ氏もこのところ調子が悪いらしく、団体戦に備えて来週は昭和町で勉強しよう、とかお話を。
 それにしても何かに備えて勉強する、なんてもう大学卒業以来です。ただ理系の大学の試験勉強なんかは大体、いろんなことを暗記したらそれで一息つけるし、それでそれなりの結果が出るのに対して、囲碁はもっと感覚的で、これ覚えたら初段、とかいうわけでもないので、なんか勉強しても勉強しても、何か足りない気がしてきりもないし大変ですね…。それで結果が出ればいいのだけど、出ないと凹むし…。ちなみに仕事もデザイン系で、趣味も何か作ったり書いたりとかそんなのが多いのですが、最近どれも結果が出ない感じなので焦ります…。で、その焦りが碁に影響している気もして悪循環というか。なんとかしないと…。

・7月5日 約9名?
 この日は昼から夕方までの例会でした。初めて来られた方が一名、あとはいつものメンバーでした。僕は3勝3敗だったかな…。なんかこのところ、ここでも昭和町でも勝ち越せた日が全然なくて、やっぱり不調です…。
 というか、なんかビッグブリッジ氏やN津氏と互先で打てるようになるところまでは自分でも急激に伸びたと思うのですが、その後がさっぱりな感じです。初段の壁でしょうか…。
 他、この日は来ないと思っていた東奔西走さんが途中から来られて、オタQ氏が、ライバルが来た、とばかりに対局を挑んでおられました(大げさ?)。
 日曜の例会はいっぱい打てるのでやっぱり楽しいですね。ただ、楽しみながら棋力が上がれば、と思うのですが、自分はほんとに上がっているのかな…。

・7月17日 5名
 この日も二日後に団体戦が大阪であることもあってか、参加者は少なかったです。この日は対局はあまりなく、ほぼU田氏の囲碁教室という感じでした。大変勉強になりました。ただ、言葉では分かっていても、実際の対局になるとどうしても間違えたりします。がんばろう…。
 そういえばこの日は一つの経験に、と思って、オタQ氏に、5級ほどシタテの方相手に2面碁をしてみて、とムチャ振りしてみました。しぶしぶ始めたオタQ氏でしたが、結局結構混乱されてて、途中で1対1に変わりました。ごめんなさい…。うーん、2面碁だと感覚で打たないといけない感じになるので、行き詰まっているオタQ氏にいい経験になるかなと思ったのですが…。なんて偉そうなことを考えていたから、団体戦で4連敗なんてことになったのかも…。

・8月7日 9名
 普段は谷四での対局で勝っても、それをここに書くと相手が嬉しくないかな、と思ってあまり書かないのですが…。この日の結果だけはもう、ものすごく書きたいので書いちゃいます。
 U田氏に4子局の黒で2勝1分け(まぁ普通持碁は白勝ちですが、この際引き分けで…)の好成績でした。どちらも拾わせてもらえた感じではありますが…。なんか妙に頭がさえていて、白の一団を5目中手の形にして取るのが見えたりとか、なんだか嬉しかったです。

 実はこの日、僕は偏頭痛でした。仕事も忙しいのだけど頭痛で仕事に集中できないし、といっても休むより打ちたい気持ちの方が強いし、ということで参加。結構ぼんやりしていたのでおかしな言動があったかもしれません。でも一度打ち始めると頭痛なんて忘れますね…その後、食事中一気に頭痛が襲ってきて、帰ってすぐ寝たけど…。

 囲碁と脳の関係の本に、左脳は計算とか実利的な面を、右脳は大局観とか模様や形的な面を司っている、とか書いてあった気がします。で、この日の偏頭痛は、左側が痛かったのです。つまり…
  左側偏頭痛→左脳が働かない→その分右脳が働く→普段より大局観が働く→勝てた!!
 ということなのかも、とか考えてしまいました。つまり普段は右脳の働きを左脳が抑えるので勝てないのではないか、とか。実際、この日は大きいところに打つとかがわりとちゃんとできていたような気もするし…。まぁ単に、オタQさんに借りて最近読んでいた布石の本の影響かもしれないけど…。

 後はオタQさんと、布石の勉強ということで互先で、及ばずながら指導的なことを話しつつ対局。序盤いい感じに打たれて焦りました…。オタQさんとは昭和町で打つと9子も置かないといけないのですが、運がよほど良くない限り勝つのは無理、五子局で気を抜かなければなんとか、6子局だと無理かも、という感じです。
 というわけで、久々に勝ち越せて、頭痛でしたが僕には嬉しい日でした。 

●第36回近鉄囲碁まつり
 が金曜から火曜まであって、そのうち8月8日土曜日のをオタQさんと行ってきました。会場が4つに分かれていて、うち2箇所では指導碁など、1箇所では段級位認定大会や団体戦大会などやってましたが、僕とオタQさんは第一会場のイベントを朝から一日見ていました。早碁トーナメント、ペア碁マッチ、高尾九段対井山八段の対局、どれも面白かったですが、なかでも10秒の早碁トーナメントが面白かったです。プロ同士の対局を生で見るのは初めてなのですが、なんというか、ものすごくかっこいいですね。対局中のしぐさとかも真似したくなったりしました。そういえば井山八段、なんかしぐさとかも含めて、東奔西走さんに似ているなと思いました…。
 それからオタQさんが、お昼のお弁当を買いに行くときに、たまたま万波奈穂二段に肩が軽くぶつかってしまった、とかいって喜んでおられました。
 ただ、楽しいことは楽しかったのですが、対局中の解説とか周りの人が笑ったりしているのに、僕らには分からなくて、その辺分かったらもっと楽しかっただろうな、と思ったりしました…。でも次回も来れたら見に来たいです。

●最近の調子
 団体戦の四連敗の前くらいからしばらく負け越していたのですが、上に書いた8月7日の例会に続けて、8月9日打ちたくなって昭和町にいったら、7勝3敗の好成績でした。
 何とかスランプ抜け出せたのでしょうか??あまり嬉しくて、「人は涙の数だけ強くなるのだ」とか冗談で思ったりしてました。頭痛の影響でもなさそうなので、オタQさんに借りた本が原因??この調子が続くと良いな…。

●聴覚障害者と囲碁
 で、グーグル検索とかしてみていたら、こんなのを見つけました。
 ・「埼玉県聴覚障害者協会 組織局」で検索すると、なんかここに囲碁部があるっぽいです。
 ・「くにたち囲碁教室」で検索すると、聴覚障害者には手話で指導します、とか書いてありました。というか調べてないのですが、「くにたち(国立?)」ってどこなのでしょうか?連絡とってみたら、何か一つの進展あったりしないかなぁ…。

というわけで、また長くなってきたのでこの辺で…。
[PR]
by deafigo | 2009-08-10 01:57 | 雑談 | Comments(0)