2月1日の囲碁教室
参加人数:9人

今回から囲碁教室でのリーグ戦が始まりました。
全員総当りということで棋力に関係なく対局できるのがいいですね。
とりあえず今回は同じレベル同士=ライバル同士での対局が多く、
負けたくないからかいつも以上に歓声や悲鳴の声が上がりました。
結果に一喜一憂しますがお互いにライバル同士ですから、
これからも切磋琢磨してもらいたいですね。
ちなみに僕の対局では最初から最後まで「ヨセ」ばかりで戦いが2ヶ所ほどしかありませんでした。
これでは面白くもなければ勉強にもなりませんから、棋力が伸びなくて当然だなあと反省です。。。

なお今回は僕の友達が初参加しました。
全く初めてということでイチから教えたのですが勝ち負けの意味と石の取り方を教えたあと、
試しに9路盤5子、4子のハンデ戦で負けてしまいました笑。
意地になって普通に対局してやっと勝てましたがこれで喜べるようでは。。。
「シチョウ」だとかを身に付けたらひょっとしたら大化けするかも?な新人さんでした

その後の飲み会でも囲碁談話などで盛り上がりました。
・・・・が盛り上がりすぎて終電を気にするハメになります。
何とか終電に間に合いましたが、遅くても梅田方面は谷町四丁目駅を23:23に乗れるようにお願いします。。。

次回は2月15日です
寒さのピークになりますが体を崩さないように気をつけてください。

記入者:東奔西走
[PR]
# by deafigo | 2008-02-02 22:00 | 囲碁教室日記 | Comments(0)
聴覚障害者のための囲碁教室ブログスタート!
 聴覚障害者のための囲碁教室「デフサポートおおさか囲碁教室」のブログを本日からスタートさせます。
 この教室は、文字通り「耳の聞こえない人が囲碁を学ぶ場」です。2008年1月現在、メンバーは15人。うち一人は聴者で、囲碁大会に出場したときなどの通訳協力をしていただいています。
 メンバーの棋力は・・・、
 四段 1名、
 三段 1名、
 二段 1名、
 2~3級 2名 
 8~9級 2名
 10~15級 7名  といったところでしょうか。

 この教室は、4年前の2003年に聴覚障害者のHMさんが、大阪市北区の生涯学習センターで開講したもので、それ以降毎月2回例会を続けてきました。その間に少しずつメンバーも増えてきました。
 2007年11月より発足した「デフサポートおおさか」の事業として運営されることになり、活動場所もここに移転。
 これを機に、月第一、三、五金曜日を定例会としました。安定した活動場所を確保したことで、いっそうの活動展開が期待できます。
 これをご覧になった、聴覚障害者の皆さん、囲碁教室へようこそ!手話や筆談で懇切丁寧にご指導いたしますよ。
 
 
[PR]
# by deafigo | 2008-01-22 07:03 | Comments(0)