<< スミの死活 例会報告、マンガ、その他10月... >>
11月4日 第2回いくのネイチャーランド
 で、小学校や幼稚部?の子ども達に「よんろのご」を教えるボランティアに参加してきました。今回はホッソオ氏がお休みで、カメ子さん、T橋さん、N原さん、僕の4名で参加。2回目ですが僕はやはり緊張しました…。

 さて、実は事前の軽い打ち合わせの時に、今回は3回の進行を交代でやってはどうか、という話が出ていたのですが、その場で相談して結局3回とも前回と同じく、メインの説明はカメ子さんに、サブが僕でT橋さんN原さんは子どもの見回り(?)みたいな形で進めることにしました。結果的にはこれが一番スムーズでよかったと思います。まぁ経験を積まねば、みたいなのはあるけど…。

 雰囲気的にも前回と同じく、少し疲れてるのかなとかやる気ないのかなみたいな子がときどきいたとは思うけれど、全体的には楽しそうでよかったです。後で聞いた話では、前回ので興味を持ってよんろのごを買った子もいたとか。嬉しいなぁ。というか、僕は教えたり打つ相手したりしてただけで子どもとそういう話全くしてない…あれ……?

 説明の方は、1回目は前と同じ感じで。で、対局の様子を見ていると、隅に打って簡単に取られる子が多かったように感じたので、2回目は説明の見本対局の時に、隅に打って簡単に取られてしまう様子をやってみました。が、むしろ隅に打つ子がさらに増えたような…。

 見本で隅に打つから真似してしまうのでは、というN原さんの意見で、3回目は隅は取られやすいというのを説明することにしました。加えて、対局時間が長くて飽きる子がいる、ということで3回目は、石の取り方を手をあげて答えてもらう問題の数を増やして問題も少し複雑にして時間を稼いでみたり。

 一点、3回ともなんかうまく伝わらなかったのは、赤りんごから打つと説明したのに、何故かじゃんけんで先番を決める子どもが続出したことくらいでしょうか…。

 あと、2回目だからなのか、子どもによるのか、飲み込みの早い子と遅い子がいて、対局の組み合わせに時々悩んだりしました。よく読める子はちょっと僕が相手をしてみたりとか…。

 他は特に問題なかったのではないかと…。手伝いのスタッフの方が何人かいて、暇そうな子どもをうまく組み合わせてもらえたのは非常に助かりました。

 という感じで、たぶん無事に終わりました。やっぱり慣れないことをするのは疲れますね、くたくたになりました…。でも楽しかったです。
 
 ちなみに終わったあと、カメ子さん、N原さんとお昼を食べながら、やはりヨンロは狭く囲碁を教えるにはやりにくいので、次があるならぜひ9路でできないかな、とか話してました。全員でなくても、隅のほうに9路のコーナーを設けておくとかでもいいかもしれないし…。どうでしょうか?

 関係ないですが、さらにちなみに、その後は夕方まで喫茶店でN原さんとiPhoneを使って囲碁対局、将棋対局をしていました。将棋はやっぱりまだまだだなぁ…。結構考えているつもりなのに全然見えない…。

ではそういうことで…。
[PR]
by deafigo | 2012-11-08 02:09 | 雑談 | Comments(0)
<< スミの死活 例会報告、マンガ、その他10月... >>