<< 例会報告、マンガ、その他2月1... 第14回天空囲碁大会 とろろ版 >>
第14回天空杯囲碁大会 ホッソオ編
 今年も参加してきました。何回目の参加だろうね。
 今年は二人の息子もエントリー。上の息子が5級、下の息子が6級で出たため、同じクラスになってしまいました。息子たちの闘いがどうなったか気になりながら、自分のほうも勝ち抜いたもので、こちらにかかりきりになってしまい。。。
 午前中の2局に勝利して、準々決勝に駒をすすめることが決まったので、すぐに息子たちの応援へ。すると、なんと準決勝で兄弟対決。もちろん地力の差で兄の勝ち。その勢いでD級の優勝をさらってしまいました。来年はBかCでエントリーするそうです。
 残念ながらこちらは準決勝目前で敗退という結果になってしまいました。高校野球的に表現すればベスト16ということですな。今年は2回戦の1局が面白かったです。とろろ君がいうてる例のやつです。地合いでは勝てそうにないので、思い切って広げて打ち、わざと入らせてそれを追い上げながら、敵の他の大石に迫る、という絡み作戦が見事に功を奏したという内容でした。久しぶりに脳みそに汗をかいた感じでした。

 さて、天空杯にエントリーする時、自分の申請段位に悩みませんかね? 僕は今年は三段ででましたが、これはパンダネット基準に合わせたものです。パンダネットでは三段★(三段の上位という意味)なので、そのまま天空杯に申請しました。上の息子は同じくパンダで6級、下の息子は9級。上の息子は背伸びして5級で申請、下の息子は通っている教室では3級格なので、中をとって6級という申請になりました。
 
 来年はもう少し強くなるでしょうから、上の息子はBクラス、下の息子はCクラスでどうやろうか、と話をしているところです。

次のデフサポートおおさか囲碁教室が迎える公式戦は「関西アマチュア団体戦」。7月20日です。ぜひスケジュールをあけておいてくださいね。
[PR]
by deafigo | 2014-01-14 23:52 | Comments(0)
<< 例会報告、マンガ、その他2月1... 第14回天空囲碁大会 とろろ版 >>