<< 5月25日例会 報告 4月27日例会 報告 >>
5月11日例会 むらっち報告
○参加者(敬称略):S石先生、ホッソオ、K田、N村、オタQ、とろろ、むらっち

○活動内容:S石先生の指導碁、自由対局

○報告担当:むらっち


例会場に着くと、S石先生がホッソオ氏に指導碁をしておられました。どちらが優勢なのかは僕の棋力では判断つきませんが、現時点では互角なのかなと思い観戦していました。しばらくするとN村さんが来られて、僕と対局することに。いつももうろうのお二人と対局していて思うのですが、9路盤の攻防は19路盤のように危ない箇所はあきらめて他の箇所に打って陣地を広げていく、危ないところへ連絡して救うという戦法を取りにくいなと。この対局は僕が勝ちきりましたが、やっぱり死活の確定化が9路盤のほうが早いなと感じますね。

それから遅れてオタQさんが到着。オタQさんとN村さんが打つことになり、その間にとろろさんが到着。手の空いていた僕と打つことになりましたが、9子もらっても、中盤でいつも通りすでに苦しくなっています(笑)なぜ苦しいのか考えてもわからないのがなかなか成長しない理由のひとつだろうなと思いつつ打ち続け大差で負けました。

途中、S石先生から摂津市囲碁将棋大会のお知らせのプリントを頂きました。オタQさんは息子を連れていけると前向きに考えておられましたし、僕も都合ついたら行きたいですね。

次にオタQさんとで僕と対局することになりましたが、こちらは先程のN村さんとの対局とは真逆でした。自分のアタリで取れる石をあとで取ればいいと放置していたら、他の箇所に打たれた石と連絡されてアタリを潰されてしまいました(泣)。結果また大差で負けてしまいましたが、アタリの石を取るタイミングって難しい・・。いや連絡されそうだと気づいたら取ればいいだけのことなんでしょうけど(笑)

そして最後にとろろさんとK田さんとの対局についてS石先生が指導されました。終局して夜遅くまで指導されていましたが、自分にはレベルが高いのでよくわからなかったです。いつかこういった指導のことも理解できるようになりたいなと思うのですが、棋譜並べが有効かな。でもプロ同士の対局の棋譜並べの解説本はあっても低級者と上級者か段位者、プロの棋譜並べでの解説本ってのはないですよね・・。低級者の打ったまずい手とかなぜここが失着なのかなどの解説が載っている本があればいいなと思って探してますが見つかりません。どなたかそういう本、あるいはブログとか知っておられたら教えてください(笑)

では、そんなこんなで報告を終わらせてもらいます。

[PR]
by deafigo | 2018-05-31 23:28 | 囲碁教室日記 | Comments(0)
<< 5月25日例会 報告 4月27日例会 報告 >>