<< また雑談 とろろ いろいろ雑談その他… とろろ >>
着実な進歩 東奔西走
参加人数・・・10人

 このところ囲碁教室の参加人数は10人を超えることが普通になりつつあります。言うまでもなく、入門教室から囲碁を始めた人が増えたからです。6路盤で練習していますから、レベル的にはまだまだ初心者の壁に当たっているところだと思いますが、その壁を破れば9路盤から13路盤へもスムーズに移行できるかと思います。13路盤から19路盤へは大きさが全然違うので、ここでまた壁に当たりそうな気がしますが、とりあえずは6路盤~13路盤で腕を磨いて欲しいなと思います。
 その初心者のうち2人と試しに対局しました。
 K子さんと6路盤を3子置きました。結果的には(コミを考えなかったら)7目勝ちです。しかし、上手くいけば2眼を作れた場所がありましたので、その場合は僕の5目負けということになっていました。2眼を作る技術があったとしたら完璧な対局でした。
 K出さんとは6路盤を4子置きました。そもそも6路盤で4子を置くのはすごく難しいので、相手がミスでもしない限りは勝てることはないでしょう。逆に言えばK出さんがミスしないように打てるかどうかを試せる対局でもあります。結果は盤面の半分くらい打ってみまして、揺さぶりをかけたりしましたが、それにつられませんでしたし、ミスは1つもなかったので僕の全滅ということです。ミスなく打てたというのが収穫でしょうし、何よりも今まで1手打つまで5分とかかなり長考していたのが今回はあんまりなかったことです。
 残るY本さんはまだ対局したことはありませんが何とか付いて行けているようです。今日はお休みだったT田さんを筆頭に初心者組は回を重ねるごとに少しずつ上達して行ってるなと実感できました。

 他にはビッグブリッジさんと4子にて対局しました。今回の作戦として、辺と隅は譲らないぞ、みたいな硬い作戦で進め、中央へは僕から始めずにビッグブリッジさんが仕掛けたら追従する形でした。辺から中央への地はお互いに分かち合う感じでしたのでほぼ五分といった感じです。すると勝負は自然と辺に向かいます。
 ほぼ打ち終えたので終局と思っていたら、死んだはずの石を利用して傷口から侵略してきてしまって辺全体の大石を取られることになってしまいました。このまま終局して整地すれば死んだ石はそのまま取れるのですが、まさか死んだはずの石を利用して生きられるとは思わなかったです。死んだはずの石の周りに傷があれば注意する、これが今回の教訓です。

 またSさんとも打ちました。レベル的にはまだまだのはずですが、19路盤で打ちたいとのことで7子の置き碁にて打ちました。頑張っているとはわかるのですが、囲まれて囲まれての連続で、盤面の4分の3くらいを占領した感じでした。ナナメになりながら囲まれるというのは、やはり見つけにくいのかなと思いました。ただ、Sさんに関しては壁を作ったり、積極的にアタリを目指していたのが進歩したところだと思います。

 プロの世界では張さんが5冠を達成して新聞に載るくらい話題。日曜日NHKの囲碁講座も4月からは初心者向けの講座が始まり、4月20日からテレビ東京系で、一大ブームを巻き起こしたアニメ「ヒカルの碁」の再放送が始まります。このように久しぶりに囲碁を始めやすい環境が整っているのではと思います。

 次回の例会は5月1日です。第5金曜は5月29日ですがこの日は休止とし、代わりに日曜昼間の例会として5月24日に開かれます。
[PR]
by deafigo | 2009-04-17 22:00 | 囲碁教室日記 | Comments(0)
<< また雑談 とろろ いろいろ雑談その他… とろろ >>