<   2018年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
「素子の碁 - サルスベリがとまらない」 とろろ
 借りて早速読ませてもらいました。この「サルスベリがとまらない」という連載があったことは以前から知っていて、すごく読みたいと思っていたのですが、その頃には連載も終わっており読む手段がなく、今になって単行本化、というのが非常に嬉しかったです。むらっちさんが買わなかったら僕が買っていました笑。

 さて、一つこのエッセイのことで忘れられない思い出を…。あれは丁度僕が囲碁書籍あさりに夢中になっていたころでした。このエッセイのことを知り、同じように囲碁を始めていたオタQさんにこのエッセイの存在とそのタイトルを話したところ…。「そうそう!まじで止まらないんだよ!」と真剣な表情で言われました。あの時の表情が今でも忘れられません笑。まぁ止めるの難しいですもんね、僕でも止め方間違えて損することあるし笑。オタQさんはもう止められるようになったのでしょうか?笑。
 
 本の方は期待通り面白かったです。棋譜を取るときに置き碁なのに黒が奇数に!とかは僕でもよくありました笑。教えてもらったのにすぐ忘れる、というのも反省しつつ、今でも結構あります笑。こういうときはこうだと先生に教えてもらって、その日は復習したりするのに、次に指導碁を受けた時に同じ形になってもなぜか違う手を打ってしまう笑。あれは何故なんでしょうね、不思議です。(←ちゃんと復習してないだけ)

 初めての人に囲碁を教えるのが難しい、というのもそのとおりだなーと。そもそも石を取る、というものすごくゲーム的な要素があるのに、ゲームの目的は取ることではないという……。なので初心者講座とかでも石取りゲームをするくらいのところまではやりやすいのに、そのあとがなかなか難しいのです。(というほど初心者講座とかやってませんが。やらなければ…。)

 それと、若い人は上達が早い、という話、確かにそう思うのですが、40代で始められた作者がいうには30代で始めた人の方が絶対に上達早い、との事。僕は30代、いや、20代後半?で始めたので、その辺で始めていてよかったと思う反面、もうここからは上達が遅くなるのではないかと思うと恐ろしいです笑。もっとも既に実感はし始めてますが笑。

 後はやっぱり、囲碁にはまって強くなるには、同じくらいの棋力の人が身近にいてその人も囲碁にはまっている、というのが大きいですね。むらっちさんぜひそういう人を探して連れてきてください笑。

 他にも面白かったネタいろいろありますが、まぁ総じて、あとがきにもあるけど、この本読んだりして囲碁知らない人が囲碁に興味持ってくれたらうれしいですね。今の時代、人付き合いが苦手な人が増えている気がするけど、囲碁やっているとちょっとはましになります笑。僕も普段は人付き合い苦手で、よく何を話せばいいのか…と悩んだりするけど、囲碁やってるときだけは普通に話せます笑。

 というわけで、ぜひ皆さん囲碁に興味持ってください笑。
[PR]
by deafigo | 2018-04-28 12:59 | 雑談 | Comments(0)
「素子の碁 - サルスベリがとまらない」  むらっち
つい先日、表題の「素子の碁 - サルスベリがとまらない」というSF作家新井素子の初心者碁エッセイ集を購入しました。お値段高め(泣)ですが、初心者にとってはあるあるネタの宝庫で楽しく読めます。プロの対局を見て、取れるはずの石を無視して違うところに打ち始めて、対局相手も石を守ろうとしないという場面で、作者がプロを変な人たちという感想を持つところは強く共感しました(笑)さすがに今では2、3目程度より他の大きな地を求めて打ったほうがよいということはわかりますが、自分も一年前はそうだったので・・。

他にもいろいろなネタがありますが、この本を貸すとろろさんとオタQさんが感想を書いてくれるとのことなので楽しみに待っています。

[PR]
by deafigo | 2018-04-26 22:01 | Comments(0)
マンガアップのお知らせその他 4月18日 とろろ
 またつまんないのですがマンガアップのお知らせついでに雑談です。

●マンガアップしました。

 漫画のページ
 

 決して特定の何かを揶揄したりしているわけではなく…でもまぁあえて言えば、自分に対して、という感じです笑。ほんとにもう何をするにもなかなか腰が上がらないようになってきて、しかもそれを歳のせいにするという、このままだとひどい悪循環になりそうな人間になりつつあるので、なんとかそうならないように、といつも思っているのですが、うーん……。

●最近気になった記事

女医飯塚あいさん、囲碁で「認知症予防効果」発表

 何で囲碁を始めたの、と聞かれたときに僕がいつも答える答えが二つあって、一つは、歳をとっても続けられるから、もう一つはボケ防止、だったりします。ただボケ防止に関しては根拠がなく、まぁネットでそう書いている記事とかもあるし、そう言っておけば興味を持ってもらうきっかけの一つになるかな、という程度でした。
 でもこんなふうに具体的に研究結果を出してもらえると、これからは自信を持って言えますね笑。実際いつも行っている碁会所でもそれなりにお歳の方も多いのですが、みなさんお元気ですごく憧れます笑。

では短いですがこの辺で…。


[PR]
by deafigo | 2018-04-19 02:02 | 雑談 | Comments(0)
何となく見つけた記事の話。 とろろ
 3月は強化期間…と書いたけどあまり記事増やせなかった…ということで、なんとなく書こうと思っていたネタを書きます。

●たまたま見つけたこちらの記事。

https://charity-japan.com/interview/6269

 インタビュー受けてる方の趣味に囲碁が書かれていた、というだけで話の内容に囲碁は全く関係ないのですが、内容には非常に共感しました。でも囲碁のブログなので、囲碁の話を書きます笑。

 ここに書かれているのと似たようなことなのですが、僕らみたいな一般人が、囲碁楽しいですよ、ぜひやりましょう!というよりも、例えば好きな俳優さんやアイドルとかが囲碁楽しくてやってます!と言った方が、囲碁始めようかなと思うきっかけになるんじゃないかなと思うのです(って言葉にしてみたら当然のことのように読める笑)。

 で、実際、最近なんかこういうのが始まったりしています。

https://囲碁アイドル.jp/

 これ今後どんなふうになっていくのかちょっと興味持ちつつ、今のテーマは耳の聞こえない人たちに、囲碁に興味を持たせるということなので、そのためにはどうすればいいのか。上の記事の「社会に手話やろう者のよさを」的な部分を、「ろうの人たちに囲碁の面白さを」というふうに置き換えて考えます。まぁちょっと違うというか間違えてるかもしれませんが笑。

 上の記事を参考にするとろう者で有名な人が囲碁を宣伝する、というのが考えられる一つの手段です。が、まずろう者で有名な人というのがそんなにいない上に、仮にその人が囲碁好きだ、と宣伝したところでたいして効果がないような気が…。それ以前にろう者でアイドル的な存在の人ってそんなにいないような…。

 で、ここで上の記事のように、自身がそういう存在になるべきなのですが、まず今の集まりの方々はもう皆おじさん世代になってしまっており、まずアイドルとかいうレベルではありません笑。となると、別の形でそれなりの影響力を持たなければならなくなります。そのためには例えばどんな方法があるか。

 一つ目はまずひたすら囲碁で強くなる。一般の全国大会に出て記事に載ったりするくらい強くなれば、興味持ってくれる人も出てくるかもしれません。でも、将棋と比べて囲碁は…ろう者とか関係なしに、井山七冠が国民栄誉賞をもらったりしても普及にはそこまで効果出ている気もしないので、ここのメンバーが囲碁強くなったくらいではそんなに普及効果はないと思われます笑。

 二つ目は、各自の得意な分野で影響力を持てる存在になる。例えば今のメンバーには自らオタクと名乗るほど漫画やアニメが好きな方がお二人もいらっしゃるので、その方々にろう者の漫画アニメエキスパートとして有名になってもらえれば、そうしたオタクの間で囲碁に興味を持ってくれる人が出てくるかもしれない。幸い囲碁には「ヒカルの碁」という非常に有名なマンガがあるし、「星空のカラス」なんかも個人的には非常に良いと思います。こういうのをうまく紹介して普及につなげてほしい笑。

 ろう学校で先生の仕事をされている方もいらっしゃるので、その方面で影響力を持ってうまく導いていくというのもありかと思います。先生という仕事をするのに囲碁はいい影響がある、というふうに持って行くのはそれなりに説得力があるような気も。実際、有名な会社の社長さんとかが、囲碁の考え方が経営する上で良い影響を、といったことを語られている記事もたまに見ますし。まぁ実際のところ、囲碁知らない人からすれば、そんなこと言われても石を並べるだけのゲームのどこにそんな要素が、という印象しかないような気もしなくはないですが笑。

 盲ろうの方も2名来ていらっしゃるのですが、特に盲ろうの方は趣味を見つけるのがなかなか難しいとお聞きしてますので、そういう意味では、もっと直接的に囲碁を広められそうな気もします。ぜひ盲ろうの方の中で囲碁のエキスパートとなって囲碁の楽しさを広めてほしい笑。

 僕の場合は、まぁちょっとした四コマとか映像作品作ったりとかしているので、その方面でもっと頑張るしかないですね…。でもやる気はあってもまだまだ全然だめです笑。四コマなんかも一応囲碁をネタにした奴を2作品ほどコンクールに応募したことはありますがダメでした笑。まぁ最近のを見ていると落ちるのも納得ですが笑。でも応募した物は、読み返すとそこまで悪くないようにも思うんだけど…。一方、映像作品の方は幸い、いつもここで書いているさがの映像祭では、それなりにありがたい評価をもらってますが、僕自身がそこまで周りに影響力のある存在でないので、まだまだどうにもなりません笑。一応作る作品の中に必ず囲碁の場面を入れる、というのを自分の中で決めごとにしてますが、それも今のところ囲碁の宣伝には大した効果がないです笑。もっと頑張らなければ…。

 というようなことを考えたりしたのでした。もう一つ最近興味を持った記事があるのですが、長くなったのでこの辺で笑。


[PR]
by deafigo | 2018-04-07 12:25 | 雑談 | Comments(0)